読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だ・か・らっ、Dia“l”yだってばさ!

これは『戯れ言』です。また、“Diary”ではなく“Dialy”です。つまり、日記に似て非なるものです。 所謂『日記』ではありません。お間違えの無いようお願いします。(^^;A

CUDAとStream

dnetc CUDA Stream

9800XGT+や250GTSが4850,4770の半分しか搾乳速度が出ないってことは諦めるとして、
CUDAとStreamで搾乳してみた感想など。
#因みに、WinではCUDAったことはないです。Linuxのみ。
ATI StreamLinux, Winの両方でやってます。


CUDAはInstallがしんどいです。
Winではやったことありません。
Linuxのみですけど、X止めなくちゃいけないし。
CUIでshell script走らせなければならないし。
VNCですら止めないとInstallできないもんなぁ・・・


一方のStreamは、Catalyst入れるだけですから、いつもと同じといえます。
そのCatalystが.NET要求したり不安定だったりってことはアレですけどね。
gdm止めなくちゃならないなんてことがないので、楽チンです。


ところが、実行させるときになると逆転します。


CUDAではterminalのみで実行可能です。
sshしてremoteからでも起動できます。


が、StreamはGUIからじゃないとできないみたい。
sshして走らそうとしたら、怒られた。
めんどい


Clientのリリース状況は、Streamのほうがいいといえるかな?
妙にWinが優遇されているのがすごく気に入りませんけどね。


Beta10で比較すると、StreamはXPでも一応使い物になります。
(4770 on Win XP)
CUDAは駄目です。
亀やナメクジよりも遅い。
(9500GT on Ubuntu 8.04)


まだリリキャンにもなっていない段階ですが、現状ではStreamを選択すべきなのでしょうねぇ・・・