読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だ・か・らっ、Dia“l”yだってばさ!

これは『戯れ言』です。また、“Diary”ではなく“Dialy”です。つまり、日記に似て非なるものです。 所謂『日記』ではありません。お間違えの無いようお願いします。(^^;A

ワットチェッカー

ナカシマ君がワットチェッカー持ってきたので、悪戯してみました w

GeForce 9800 GTX+
Opteron 144
SB: 3 W
起動: 130 - 140 W
CPU Client: 150 W
No Client: 125 W
GPU Clinet: 186 W (まれに210 W)
Clients: 215 W

Radeon 4850
BE-2350
SB: 1 W
起動: 125 - 140 W
CPU Client: 128 W
No Client: 93 W
GPU Clinet: 167 W
Clients: 197 W

C7 (ester)
SB: 3 W
起動: 42 - 46 W
CPU Client: 47 W (たまに51 W)
No Client: 39 W

M/Bその他、様々なPartsが異なるので単純比較はできませんが、BaseとしてはOpteron 144よりBE-2350が電力消費少ないかも。
しかし、搾乳するとDual CoreのせいかBE-2350の方が喰います。
何れにしても、30 W前後ですので、搾乳による消費電力の増加は予想したほどではありませんでした。
C7は流石というか、思ったほど低くないと言うべきか、微妙〜

9800GTX+: 61 W
4850: 74 W

搾乳による消費電力を比較すると、9800 GTX+より4850の方が15 %程度大きいですが、搾乳量が倍以上違うので、明らかに4850の方が効率良いですね。
4770とかならどうなるのか興味深いところ。

Opteron 144: 25 - 29 W
BE-2350: 30 - 35 w
C7: 8 W

CPUによる搾乳時を比較すると、こちらも予想より遙かに消費電力の増加が少なかった。


GPGPUでの搾乳による消費電力増加は、ついでに測ってみた19" LCDと17" CRTの消費電力差よりやや少ないくらい。
エコロジー的にはCRTをLCDに置き換えるのは効果ありそうです。


そのうち、Phenom 9550 & 9800GTX+の消費電力を測ってみたいですね。
興味深い